FC2ブログ

アンソニア恒例神社ツアー

この前はアンソニアカフェの
マスター、演者、お客さんたちとで
神社巡りツアーへ行ってきた。
今回は和歌山へ。
途中
奈良にある十津川村の
谷瀬の吊り橋を渡ろうと。



画像だけだと高いとこだなー、
て感じだけど
歩くと左右に揺れるから
怖いのなんの。



1日目は呼ばれた人しか行けないという
山の中にある玉置神社へ。
心細くなるくらい高い山へ車でのぼり



そこから参道通って玉置神社。



そして熊野本宮大社へ。



そこから熊野本宮大社旧社地の
大斎原へ。




2日目は熊野那智大社へ。



お神楽拝見。
太鼓がどーん!と鳴った瞬間
心に響いて泣きそうになる。



マスターが那智大社の禰宜さんと
知り合いであることから
なかなか入ることのできない
御垣内へいれてもらった。



那智の滝を見てみると
綺麗な虹がかかっていた。



そこから熊野速玉大社へ。



産田神社へ行き



花窟神社へ。



雨にも降られず
沢山の名所を今回も見ることができ
とても素敵な神社ツアーになった。
御朱印も増えたし
楽しかったなぁ。

出石です。

昨日は父方の先祖の
お墓参り。
というかまだ盆じゃないやん。
というツッコミ入れつつ
兵庫県豊岡にある出石まで。




なぜ毎年行くのか。
父の墓はそこには無いけど
その風景を見たり嗅いだりすると
小さい頃の夏休みの記憶が蘇り
懐かしく思うし
自然がまだ沢山ある場所なので
日々のストレスから解放されるのに
ちょうど良いから。



電車とバスを乗り継いで二時間半ちょい。
車でないと行けない城下町。



せっせと墓掃除して最後お線香あげて
手を合わせてると
なぜか泣きたくなるときがある。
まだ盆やないでユカ、
私のお墓の前で泣かないで下さい~
て千の風になってが頭の中で回ってるで、
て自分にツッコミ入れてても
泣きたくなるときは泣いてまう。


出石蕎麦を食べて。



一年て早いなぁとブツブツ言いながら
帰路につく。
また来年。私の夏休み。

神社エール 小浜と宮津編

アンソニアカフェ毎年恒例の
神社を巡る旅、
神社エールツアーに参加した。

今回は小浜と宮津。

一日目は
奈良のお水取りに
お水を送る方の
鵜の瀬へ。



川の景色がとても綺麗なところ。





そして若狭彦神社。
1300年前の私の誕生日と同じ
9/10に建てられたらしい。
なんか縁を感じるね。



そして若狭姫神社へ。



おみくじもひいた。
仕事大事と励みなさい!



そこから三方五湖の方まで行き
年縞博物館へ。
水月湖にある
七万年分の堆積した地層を
ステンドグラスにして
生物や地球の進化を紐解いていた。
色が白い地層は暖かく暗い地層は
寒かったのだそう。
面白い!





なんか外国にいるみたいに
ゆっくりした空気が流れている
良い所だった。






二日目は宮津へ。
お伊勢さんの元の神社
元伊勢籠神社へ。
ちょうど茅の輪くぐりの輪があった。



ここで初めて御朱印帳を買い
有り難い籠神社と眞名井神社の
御朱印をいただいた。
なんかめっちゃ嬉しくて
ずっとその御朱印を眺めていた。
こんなに嬉しくなるなんて
自分でも思ってなかったんで不思議。
書道部だったときの血が騒いだかな?

その籠神社の奥宮の眞名井神社へ。
ここは呼ばれた人しか行けないと
マスターに教えてもらった。
嬉しいな、私一人じゃ
到底来れない場所だもんな。



籠神社も眞名井神社も境内は
撮影禁止。ピリっと身が引き締まる。

そして天橋立を見に。



一望したあとその天橋立を
自転車で渡り
中間あたりにある
龍神さんの天橋立神社へ。



海水に囲まれてるのに
ここだけ真水が湧き出る磯清水が有名。

そして最後に
比沼麻奈為神社へ。
五穀を司る豊受大神。
神様のお陰なのか
どこの店入っても何食べても
おいしかったもんなー(笑)
イカソウメンって苦手やったけど
おいしい!て食べれたもんなー。
やっぱ海近いといいなー。






次回は熊野神社へ行こうと
もうみんな計画をたてていた。
行けるように
頑張って働くぞー。

ミュンヘン最後の日

友達の家滞在最後は
窯で手作りピザをいただいた。



私もこねたい!ていって
生地を伸ばしたけど
ピザやさんみたいに
クルクルして広げていくことは
到底無理。



焼けた!





食べきれないほど作って。

帰国のため友達家族皆で
ミュンヘン空港まで送ってもらい
サヨナラした。
次もしユカたちが来たときは
子どもたち大きくなって
手も繋いでくれないかも
なんて話をしながら。
確かに三年前行ったときは
次女と三女はあまり
喋れなかったけど
もう今ではすっかり
ドイツ語と日本語を
流暢に話していてびっくりしていた。
そして毎日手を繋いできて
屈託のない笑顔で一生懸命に
喋りかけてくる。
天使のような笑顔って
このことかぁ、、、と
子どもたちを見て思った。



母性が芽生えかけたところで
残念ながら帰国。
帰りは気流の関係で10時間くらいで
日本に着いた。
とりあえず帰りの機内食。




早く友達の子どもたちが
大きくなってくれたら
京都観光一緒に行けるのになぁ
と未来を想像しながら。
楽しいゴールデンウイークだった。

ドイツ博物館へ。

次の日は二日酔いのまま
ミュンヘンの街へ。
ドイツ博物館に行った。



沢山見たいところがあった。
子どもたちの学校へ
迎えに行った後だったので
建物の中全てを見るのは
無理だったけど十分だった。

飛行機の展示。









原子力の展示。




核分裂のおきる原理。
らしい。
頭の良い友達がいると
自分も賢くなれる(笑)




力学の展示。




船の展示。






天文のフロアとか見たかったけど
時間無くて見れなかったのが残念。

そしてミュンヘンの街へ。



帰路へ。
小さい頃にこんな博物館に
行けてたら
頭良くなってたかな?
変わらないか(笑)

おうちで。

流石に寄る年波には勝てず。

次の日はお家でゆっくり過ごした。

スーパーまでいって
バーベキューの買い出し。
アウトバーンを走っていると
菜の花畑が綺麗。



そして夕食。



隣人がシュパーゲンという
ホワイトアスパラガスを
持ってきてくれた。
これ大好き。



そして酒。



飲んでしゃべって笑って。
友達は笑いすぎて泣いてるし。
大学時代が蘇った。
そして
飲みすぎた。
三年に一回くらい
こうやってドイツで会おうよ
て言ってくれた。
ドイツ語勉強しなあかんやん!(笑)

ザルツブルクへ。

電車でオーストリアの
ザルツブルクまで行った。
プファッヘン駅から
ミュンヘン中央駅まで行き






ザルツブルクまでの特急に乗った。
二時間弱くらいやったかな?
アルプス山脈の景色見て
お喋りしてたらすぐ着いたような。





ザルツブルクの駅に到着。




まずはモーツァルトの生家に行った。
えらい黄色いな。



中はミュージアムになっていて
モーツァルトの台所や楽譜や
楽器や髪の毛とか
色々展示されていた。










旧市街を歩いていく。



目にする街並みが海外にいるよなぁ
と感じさせてくれる。



馬車も京都でいう人力車みたいに
走っている。





大聖堂。




そこからケーブルカーにのって



ホーエンザルツブルク城へ。
アルプス山脈が素敵。




塩の城。塩の交易で栄えたらしい。









城の中。






てっぺんから市街地が見渡せる。



カフェがあったので



アルプス山脈を背景にパフェを食べた。
最高のリラクゼーション。



下山して
モーツァルトの像を見て



街を歩き



ザルツアッハ川を渡り



モーツァルトが住んでいた家の
外観だけ見て



帰路へ。

沢山歩いて
沢山見たこと無いものを見た。
素敵な時間だった。

ゆっくりの日

二日目は時差ボケもあるし
お家のお庭でまったりと。

うさぎ見たり鶏見たり。





となりのおうちでお昼いただいたり。



近所のレストランいったり。





パソコンを見ない生活っていいよなぁ。

またミュンヘンへ

羽田空港へ。
ANAでドイツのミュンヘンまで
女子会に行くことになって。
東京から友達と
ドイツに住んでる友達のとこまで
一緒に行くことに。



ANAの国際線利用は初めて。
映画の字幕に日本語あるのは
めっちゃ嬉しいし。
外国人のCAにびくびくしながら
オ、オリンジジュースプリーズ、、
言わなくてもいいし。
渡航先に着いても日本語が聞こえる
安心さといったら。

ANAの機内食。





12時間の直行便にて
到着し無事友達と再会。
家に連れてってもらって。



夕飯をいただき。



白ビールをいただき。



ゆっくりと連休を楽しむぞー。

あ、さて

昨日は東京にいる友達に会いに行った。

でも友達は夜7時過ぎまで
仕事とのことで
その間ひとりで何しようかな?
と考えて。
観光もどこにいけばいいかわからないし
歩き疲れるのもなぁ、と思い。
そうだセッションに行こう、
ということで
昼間にしているセッション会場を調べ
参加してきた。




今回で人生三度目の東京。
東京に慣れてる訳ではないので
めっちゃ雰囲気怖かったらどうしよう、、
とびびりながら。



でもミュージシャンの方たちも
そこにいたお客さんたちも
みんなふんわりとした
楽しそうな雰囲気で
セッションしていた。
芋のお湯割りをお供に
私も7曲も歌わせてもらえた。
数曲しか歌えないと思っていたから
持ってきた楽譜が足りるか
心配になったくらい。

セッション終わってから
友達と会うまでの時間、
ミュージシャンの方とお客さんに
飲みにも連れて行ってもらい
初めて会ったにもかかわらず
大変良くしていただいた。
「こういう出会いは
音楽をしているからこそですよね」
と私が普段思っていることを
皆仰っていて。
音楽に色々人との縁を
繋いでもらってるなぁと
思うことが多々あるけど
今回もそれを強く思えた日になった♪
プロフィール

澤田 ユカ

Author:澤田 ユカ

最新コメント

演奏のお問い合わせ・ご依頼は こちらまでご連絡下さい☆


uccapoyoung84@gmail.com


-----------------------------
名言

地球の名言 -名言集-

カテゴリ
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
管理